「マーケット」が変われば、「ニーズ」も変わる!

10年後の2028年、日本は人口減少と少子高齢化に
さらに拍車がかかり、日本人の人口推計が約1億1,700万人と、
約800万人以上も減少する予測です。

(参照:国立社会保障・人口問題研究所日本の将来推計人口(平成29年推計))


10年後の自社のビジョンと、目指すべき方向性を
今から明確にしておくことで、外部環境に左右されずに
ビジョン実現を目指した経営をして頂きたいと願っています。

 

今年から、ビジョン経営沖縄セミナーは、
創業者の田舞徳太郎に、
実践ビジネススクール・実践マーケティング塾でおなじみの
古永泰夫が加わります。

 

0402ブログ.png


ビジョンの作成手順に加えて、
新たにマーケティングの視点が加わった学びと共に、
広大な沖縄の青い海が、ビジョン構築の大きな手助けとなります。


少子高齢化で、まさに国難と言える危機が訪れることは自明です。


自社の10年後のビジョンを沖縄の地で、ぜひ今から描いておいて頂きたく、
切にお願いを申し上げます。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


■「マーケット」が変われば、「ニーズ」も変わる!・・・このマッチングが大切!


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

月刊『理念と経営』4月号

  巻頭対談「やはり、"商品"こそが顧客創造の入り口である」より。

 

東京大学 伊藤 元重名誉教授

株式会社吉野家ホールディングス 安部 修仁会長

 

2003年のBSE問題で牛丼の販売のストップを余儀なくされました。


多品種提供に切り替えて、経営危機を乗り越えられました。


吉野家のウリであった「うまい・やすい・はやい」も変えました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

新たなマーケットにチャレンジするときは、必ずしもそうでもないんです。


4年前の「牛鉄鍋膳」の発売では、「うまい、やすい、ごゆっくり」という
キャッチフレーズでテレビCMを打ちました。


「うまい、やすい、はやい」は、われわれの仕事の仕方のことも言っているわけです。


クイックサービスはうちの特徴で普遍的なものですが、
あまりこればっかり言っていたので、
お客様が「早く食べて帰らなきゃいけない」と・・・・。


時代とともに、ファミリーやシルバー、女性をターゲットにしていくため、
あえて「うまい、やすい、ごゆっくり」と言ったんです。


女性のお客様の比率は増えましたね。


もちろん、テーブル席を設けたり、メニューを増やすなど
ハード面やイメージも変えていかないといけません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■新しい市場を創り出す

 

 

 マーケティングとは?・・・マーケット(市場)お客様の集まり。
                  イング  (ing現在進行形)創り出すこと。
 

 

 つまり、お客様を創り出すことです。

 

 マーケティングには、「4P」と言って、4つの要素があるといわれています。


   Product (プロダクト)  =製品

   Price  (プライス)   =価格

   Place  (プレイス)   =流通・立地

   Promotion(プロモ―ション =販売促進


 お客様を創り出す上で、とても重要なポイントです。


 4Pはマーケティング・ミックスとも呼ばれ、


 「マーケティングの神様」と呼ばれるフィリップ・コトラーの手によって、
 広く世に知られるようになりました。


 この4Pの要素の組み合わせが、戦略のストーリー上で整合していないと、
 お客様を創り出すことが出来ないのですね。

 

 皆さんの会社の「4P」は、戦略のストーリー上で整合出来ていますか?

 


 株式会社日本創造教育研究所(日創研)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.saiyo-nisouken.jp/mt4/mt-tb.cgi/1314

コメントする

このブログ記事について

このページは、日創研採用サイトが2018年4月 2日 10:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お客様に提供している「価値」の高さだけ、自社にも利益という「価値」が返ってくる!」です。

次のブログ記事は「「新しい価値」を追求し、顧客に認めてもらうためには」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

社員研修なら日本創造教育研究所 日創研 スタッフブログ 田舞徳太郎通信ブログ Facebookページ 理念と経営 コスモ教育出版