熊本地震発生に際しまして


大阪センターの上杉と申します。

先輩方から引き継ぎ、入社2年目のメンバーと

1年間ブログを担当させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

この度の熊本地震に際しまして、

被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

皆様のご無事と、一日も早い復興をお祈り致します。

 

地震の発生以降、日創研のお客様も

被害を受けられているという情報が多数入っております。

そんな中、飲食店を経営されているあるオーナー会員様が

ご自身の店舗も多大な被害を受けられたにも関わらず、地域の方々のために

炊き出しなどの支援活動を行われているとお伺いしました。

復旧の為、店舗の片づけを進めながらも精力的に活動をされています。

つらい状況の中でも前向きな心持で、

人々のために尽力されているお姿に胸が熱くなります。

やはりどんな時でも援助する心や前向きに行動することが大切だと学ばせて頂きました。

 

日創研でも、各センターで支援活動に取り組んでいます。

 

先日大阪センタースタッフは、大阪駅周辺で街頭募金を行わせて頂きました。

多くの方のご支援の結果、1日に103,140円と多大なご協力を頂きました。

熊本を案じ、ご協力くださった方々に深く御礼申し上げます。

 

 

DSC_0946.JPG

 

 

2016募金活動のサムネール画像のサムネール画像

 

 

引き続き、各センター周辺にて街頭募金を行ってまいります。

 

また、館内に募金箱を設置しているセンターもございます。

お見かけの際は是非、ご協力を宜しくお願い致します。

 

支援できることは限られていますが、

私たちにできる小さなことから一生懸命取り組んでいきます。

皆様の被害が軽微にとどまり、

一日も早く復興されますことを祈念いたします。

 

 

 

いつもそばにあなたのビジョンを。


みなさんこんにちは!!

 

大阪センターの首藤です。

 

気が付けばもう1月も終わり、もう2月も半分が過ぎました。

 

自分はなりたい状態に少しでも近づけているのか、、、

 

そんなことを思い馳せておられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

日創研では年末にその年の振り返りと

 

個人のビジョン(=なりたい状態)の再確認、

 

次年度の個人目標(具体的に数値化したもの)を

 

盛り込んだビジョンシートというものを作成し、

 

スタッフ全員の前で発表するということをしています。

 

 

 

その場を通して、

 

自分自身の思考気持ちの整理にもなりますし、

 

他のスタッフからの応援をもらえ、

 

気持ちを新たにできる時間にもなります。

 

ビジョンシートのフォーマットはこのようなものです。

 

 

bijon1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こちらを文章にして手帳などに


貼ったりして、いつでも見返せるようにしておくことで、

 

自身のモチベーションの維持や、

 

初心にかえる機会をもつことができます。

 

 bijon.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジョンがあれば

 

毎日が充実していく実感がしますね。

 

 

 

自分が今どこに向かっているのか、

 

なぜ何のために目の前の仕事をしているのかを

 

常に意識して取り組むことで、

 

自然とやる気もついてきます。

 

 


また、やる気をもって全力で取り組んだことには

 

達成感やりがいが生まれてきます。

 

 

 

社員様お一人おひとりが仕事を通じて成長、

 

やりがいを実感でき、

 

会社の発展を感じられる職場づくりに貢献できますよう、

 

私自身も更なる成長の実感を得られますよう、

 

本日も一日業務に励んでまいります!

 

 


次回の担当は同じく大阪センターの中野彩海さんです!

 

こうご期待!!

 

▼ビジョン経営沖縄セミナーの動画を公開中

 

楽しくなる手帳

皆さんこんにちは、名古屋センターの堀内(ほりうち)です。
 
紅葉が見頃を迎えていますね。あと1ヵ月で2015年も終わってしまいます。
そこで今回は、現在コスモ教育出版で販売されている
2016年の手帳の活用方法をご紹介させて頂きます。

2016年度版はスケジュールタイプ(A5版)と
メモタイプ(A5版の半分くらいのサイズ)2種類があり、
毎月の方針や振り返りのページがあったり、
日々の行動計画を書き込めるスペースがあったりと
非常に使いやすく、毎年好評を頂いています。
 
今年、私はメモタイプバージョンを使用していたのですが、
データ管理でスケジュールを立てていた為、
なかなか手帳に書き込めず終わってしまいました。
しかしながら同期やスタッフが手帳片手にスケジュール管理をしているのを見ていて、
かっこいい!と思い、2016年度版は手帳をフル活用しよう!と心に決めました。
 
そこで自分が使いやすいように以下、様々な工夫をしてみました。
 
11月写真①.jpg
右端を少し切り落とし、インデックスを付け、すぐに開けるようにしました。
 

11月写真②.jpg
ペンホルダーを活用し、カバンの中でも手帳が開かないようにしました。

 
11月写真③.jpg
一目で研修日程が分かるようにしました。

 
これを作っている間、来年が非常に待ち遠しくなり、
たくさん書き込んで、思い出いっぱいの手帳にしようと思いました。
自分の工夫次第で、物事が楽しくなることを学びました。

 
次回は大阪センター首藤(しゅとう)さんです!
どうぞお楽しみに!

▼新春経営者セミナーの動画を公開中



新入社員さんの活躍

| コメント(0) | トラックバック(0)
人財育成ブログをご覧の皆様こんにちは。
東京センターの野本です。
今回は入社して半年がたった、新入社員の
森田さん大矢さんの活躍をご紹介します。

東京センターでは、新卒採用の会社説明会の準備~当日の運営を
1年目と2年目のスタッフで行っています。

準備や当日の会社概要の説明などを通して、
プレゼンテーションのスキルアップと、
研修運営に必要な、会場のセッティングや名札の準備、
音響や照明を調節するスキルを学ぶことができます。


今までは、主に私が中心となって準備や運営をし、
新入社員の2人は就活の体験談が主な役割でした。

先月からは、準備を2人に任せています。
来年になると研修運営を任されるようになりますので、
その時に備えなるべく私は手を出さずできる所まで任せています。


今月からは、司会と会社概要のプレゼンも任せる事になりました。

後輩がどんどん成長する姿はとても刺激を受けます。
また、そんな2人の姿は説明会に来てくださる学生の方々にも
たくさんの刺激を与えていると感じます。

私も後輩達に負けないよう、さらに成長していきます。

s__20151117_080729.JPG

次回は名古屋センターの堀内さんです。

▼新春経営者セミナーの動画を公開中

「中小企業の人材育成なら日本創造教育研究所」

大阪センターを日創研一きれいなセンターにする!

人材育成ブログをご覧のみなさん、こんにちは。

大阪センターの中野(なかの)です。


今回は私が所属している"生産性向上委員会"の取り組みについてご紹介いたします。


生産性向上委員会の目的は、

ズバリ、「仕事の生産性を上げよう!」ということです。


方針として、

1、早く帰る
2、きれいにする
3、捨てる

ということを掲げています。



2番目の「きれいにする」という方針では、

主に1階の事務所をきれいにすることを掲げています。


「大阪センターを日創研一きれいなセンターする!」ということが目標です。



まずは大掃除を行って

各自のデスク周りをきれいにしていきました。


片づけが完了した人は用紙に「5Sできた!」という付箋を貼っていきます。


ブログ写真生産性向上委員会.jpg



大掃除時間内に終わることができなかった人もいましたので

ここに全員の付箋を貼れるように引き続き活動しています。




「5Sができている会社は業績がいい」

という言葉をよく耳にいたします。




「日創研が見本・手本となっていけるように!」

「お客様にスムーズに対応できるように!」

きれいなセンターを目指してまいります。




次回は東京センターの野本(のもと)さんです。
お楽しみに!



▼経営問答塾の動画を配信中

「中小企業の人材育成なら日本創造教育研究所」

私のデスク周り

人材育成ブログをご覧のみなさん、こんにちは。


名古屋センターの堀内(ほりうち)です。



今回は私のデスク周りを紹介したいと思います。

入社前は、整理整頓が大の苦手だった私ですが、



「デスクの乱れは 心の乱れ」



と先輩社員に教えて頂いてから意識して行うようになりました。



その結果、


今ではデスク周りをいかに使いやすく、
シンプルにできるかを心がけながら楽しく整理整頓をしています。



こちらは私のデスクの引き出しの中です。

ファイルは一瞬で見分けがつくように色分けしているのがポイントです。

8月写真①.JPG






こちらは職能研修(特別研修)のパンフレットのファイルです。

インデックスのつけ方に工夫しています。


長期の研修と短期の研修でインデックスを色分けし、

さらに、研修開催の早い順に並べてインデックスをつけています。




8月写真②.JPG



整理整頓を心がけるようになってから、

必要なものがすぐに取り出せるようになり、

お客様の対応がスピーディーになったことを実感しています。



また、デスクのどこに何が入っているのかが明確になり、

急な依頼やお問い合わせにも、

すぐに資料を取り出して対応ができるようになりました。



今後もさらに使いやすいデスク周りを追求し、

お客様にスピーディーにお応えできるデスク周りにしていきます。




みなさんは、整理整頓に、どんな工夫をしていますか?




次回の担当は大阪センター中野(なかの)さんです!
お楽しみに!
▼田舞塾の動画を配信中




「本日のやります宣言」

こんにちは!大阪センターの首藤友紀(しゅとうゆき)です。

今日は毎朝の朝礼で活用しています

人事理念実践シートについてお伝えいたします。

 

  写真.JPG

 

こちらは日創研スタッフとして

どのような人間をめざすべきなのか、

目指す人間像になるために

自分が今日一日、何をやりきるのかを記入して

発表するものです。

 


朝礼の際に、朝礼リーダーから指名をしていただき、

全体に向けて発表をするという取り組みをしています。

 


この全体発表を通して、

人事理念を今日一日の中で、

どのように意識し、

どのように行動として示していくのかを

自分の中でも整理でき、

改めて認識することができます。

 

たとえば、

「明るく元気で可能性に向かって

 粘り強く挑戦するひとになります!」


と宣言することで、


お客様からも


「笑顔がいいね!元気になるよ。」


というお声をいただく経験もさせていただきました。

 

 


一日の終わりにはその記入した事項が

意識できていたか?

実践できたかどうか?

振り返ります。

 


その人事理念を日々意識することで

より人としての魅力の向上や、

会社の代表であるという自覚をもつことができます。

「中小企業の活性化」という事業目的に沿って

使命感強く仕事に励む支えとなってくれています。

 


今回もご覧いただきありがとうございました。

次回は、名古屋センターの堀内(ほりうち)さんです。

お楽しみに!!

 ▼田舞塾の動画を公開中

日本創造教育研究所

ありがとうを形に


人材育成ブログをご覧の皆様、こんにちは。
いつもブログをご覧くださいましてありがとうございます。
大阪センターの首藤友紀(しゅとうゆき)です。


今回は社内ではもちろんのこと、お客様の会社内でもご活用いただいております、
ありがとうカードについてご紹介させていただきます。

日創研ではより良い人間関係を築くツールの一つとしてありがとうカードを販売しております。
ありがとうカードとは、その名の通り感謝の言葉を相手に伝えるためのカードで、
赤、青、緑の三色展開があり、複写式となっております。
手紙であれば、送ってしまうと何を書いたかを見返すことができませんが、
ありがとうカードは、複写で自分の手元に残ったカードを時折見返し、
自分が誰にどのようなメッセージを届けたのかを振り返ることができ、
保管することもできます。


自分が書いたカードを時折見直すことで、
自身の語彙力や伝達力の成長を客観的にみることもできます。
実際に私自身、感謝の気持ちの言い表し方や相手をより思いやった表現がないかを模索しながら行った結果、
お客様からのお返事を頂く機会も多くなったと感じております。


よくありがとうカードを活用する場面として、
日創研の研修にご参加いただく際、参加いただく方にはクリップがついた名札をお渡ししておりますが、そのクリップに挟んで、
お客様への研修参加の感謝の気持ちを添えています。

【写真①】.jpg【写真②】.JPG

社内での活用方法の一つには、不在時にそっとPCのキーボードに差し込んで、スタッフ同士で感謝を伝え合うこともあります。

【写真③】.JPGのサムネール画像


手書きのありがとうカードだと、少しの文章でも心に響きます。
また、長い文章の手紙を書くことに苦手意識のある方でも、
5行構成なのでポイントをついて、大事なことでも伝えやすくなります。
私自身、業務の中でミスをして落ち込んでいた際、
ちょっとした一言が書かれたありがとうカードに何度も心が救われました。

今後もありがとうカードでのコミュニケーションを通して今まで以上にスタッフ同士の助け合いを強化し、
社内全体がより一層、楽しく働ける雰囲気に努めてまいります。
そして、更なる顧客満足を生み出せるようにしてまいります。

次回も大阪センターの首藤(しゅとう)が担当します。
どうぞお楽しみに!

▼田舞塾の動画を公開中

 

中小企業の人材育成なら日本創造教育研究所

委員会

人材育成ブログをご覧の皆様、こんにちは。
いつもブログをご覧くださいましてありがとうございます。
大阪センターの中野彩海(なかのあやみ)です。
今回は社内で取り組んでいる委員会活動についてご紹介させていただきます。


日創研では各センターで委員会を設けています。
この委員会は通常の業務とは別に、社内の活性化・仕事の質の向上を目的として部門や年齢に関係なく構成されています。


昨年までは全センターが同じ種類の委員会を組織していましたが、今年から制度が変わり、各センターが自由に委員会の種類を決めることができるようになりました。

例えば大阪センターでは、①生産性向上委員会、②営業力もっと向上委員会、③顧客満足委員会、④コミュニケーション活性化委員会があります。
それぞれを簡単に説明いたしますと...

①生産性向上委員会では仕事の効率を改善することを目的としています。
今までやりたかったけどできていない仕事に取り組んでみたり、退社時間を早めてプライベートも充実させたりする状態をゴールとしています。
その為にも事務所内やデータの整理整頓、仕事方法の振り返りを行っています。

②営業力もっと向上委員会では自らのスキルを高めるために勉強会を主催して、電話がけなどの技術を磨く場を提供しています。
お客様とよりよい関係性をつくり更にお役に立つべく、先輩スタッフを講師として勉強しています。

③顧客満足委員会では、より多くのお客様に「日創研を使ってよかった」と満足していただくことを目的としています。
研修やアフターフォローの更なる改善のためにもお客様と研修後にお話しさせていただき、その研修の良かった点や要望を伺います。
その活動の呼びかけや、お客様からのご意見の共有を発信しているのが顧客満足委員会です。

④コミュニケーション活性化委員会では、スタッフ同士の繋がりを強化するために、社内で定期的なイベントの企画や毎月お誕生日のお祝いを行っています。
新入社員歓迎会や、年に1回のバーベキュー、秋の運動会などのイベントの成功の為に動いています。



これら4つの委員会の中でも今回はコミュニケーション活性化委員会の活動を詳しくご紹介させていただきます。
コミュニケーション活性化委員会は社内コミュニケーションの活性化を通してスタッフのチームワークを高めていくことを目的にしています。
委員会活動の一つに、お誕生日のお祝いがあります。
大阪センターでは毎月1回朝礼の際に、その月に誕生日を迎えるスタッフへ皆でメッセージを送ってお祝いしています。
そのメッセージの準備のためにコミュニケーション活性化委員会が活動しています。

2015年7月ブログ用写真委員会.JPG

前年までは委員会メンバーがメッセージを回収し、飾り付けをして本人に渡していました。しかし今年からこの流れが変わり、更なるコミュニケーションを生み出しています!

今年は、その月に誕生日だったスタッフが、その翌月に誕生日を迎えるスタッフの為にメッセージを準備して渡します。
例えば7月お誕生日の方をお祝いするために、6月に誕生日を迎えたスタッフ全員でメッセージの回収と飾り付けをして、朝礼で渡していきます。
委員会メンバーはこの準備がスムーズにいくように活動しています。

このようにすることによって、部門を超えて共同作業をすることになるので今までなかったコミュニケーションが生まれます。
委員会メンバーだけが活動するのではなく、全スタッフがこの流れに関わることができるようになりました。

お祝いされる人も準備する人も楽しいこのイベントを通して、
スタッフ同士が更に関係性を強化できることはもちろん、普段の業務の中ではなかなか話す機会のないスタッフとの会話が生まれるのでまさに社内コミュニケーションが活性化されています。
そして、翌月のお祝いの準備に参加することで自分の為に準備してもらったことへの感謝の気持ちが更に湧いてきます。


これらの委員会活動を通して、日頃の業務範囲を超えてコミュニケーションが取れたり、全体的な視野で考えたりするのでお互いに成長することができます。
例えば私は生産性向上委員会に所属して事務所内の整理整頓を目的とした委員会活動を通して、どこへ何を配置すると効率が良くなるのか、働きやすくなるのかということを考えました。
普段は個人の机回りに目が行きがちですが、「各部門のスタッフに無駄な動線がないか」「そうすれば皆の作業を早く終えられるだろうか」など振り返えることで全体的な効率を考える経験ができました。

普段の業務の中ではどうしてもコミュニケーションをとる人が偏ってしまいます。
だからこそ委員会活動を通してコミュニケーションを今まで以上に活性化させ、社内のチームワークを更に高めていきたいと思います。そして楽しく働ける雰囲気づくりや、お客様のご要望により正確・迅速にお応えすることへ繋げて行きるようにスタッフ一同活動してまいります。



次回は大阪センターの首藤(しゅとう)さんが担当します。
どうぞお楽しみに!

▼田舞塾の動画を公開中

「中小企業の人材育成なら日本創造教育研究所」






名古屋センタースローガン



人材育成ブログをご覧の皆様、こんにちは。
名古屋センターの堀内(ほりうち)です。
今回は「スローガン」についてお話させて頂きます。

日創研では年度末に次年度の社長方針が発表され、
その方針に基づいて各センター毎で具体的な目標を決めていきます。
それを分かりやすく一言にまとめたものをスローガンと呼んでいます。

今年は作成から参加させて頂いたので、
非常に思い入れのあるスローガンになっています。
作成にあたり、名古屋センタースタッフ一人ひとりの個性が活かせるような言葉を考えました。

そんな今年の名古屋センターのスローガンは
「Challenge&Teamwork~お客様の成長のお役に立とう~」です。
写真1-1.jpg

このスローガンには、名古屋センタースタッフ10人全員が
お客様に対して誠意をもって接していこう!
一致団結してお客様の成長に貢献していこう!という意味が込められています。

そしてこのスローガンを朝礼の最後に全員で唱和します。
名古屋センターの朝礼は
①理念唱和→②本日の連絡事項・情報共有→③13の徳目→④スローガンの唱和
の順番で行われます。
13の徳目でスタッフ同士コミュニケーションをとった後に
全員でスローガンを唱和することで一体感が生まれる感じがして、
「今日も一日頑張ろう!」という気持ちにさせてくれます。
写真2-1.jpgのサムネール画像

私自身、今年はまさに「Challenge」の年で、
様々な業務に携わらせて頂いています。
その私の「Challenge」を支えてくださっているのが
スタッフの皆さんです。
業務に行き詰った時には的確なアドバイスをくださり、
挑戦して目標達成した時には自分のことのように喜んでくださいます。
そんなスタッフの皆さんに感謝しながら、「Teamwork」を高め、
お客様に貢献していくことが一番重要だと感じています。
昨年はお客様に自己紹介をする中で名前を覚えてくださったり、
私宛に電話をかけてくださるお客様が増えました。
今年はそんなお一人おひとりに深く関わっていきながら、
お悩みやお仕事のご様子をお伺いし、
少しでも業績向上のお役にたてるよう、
このスローガンと共に残りの半年努めて参ります。


次回は大阪センターの首藤(しゅとう)さんが担当します!
どうぞお楽しみに!

▼田舞塾の動画を公開中




最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

タグクラウド

カテゴリ

月別 アーカイブ

社員研修なら日本創造教育研究所 Facebookページ コスモ教育出版 ありがとう経営 13の徳目 理念と経営 カレンダー