皆さんの「強み」は何ですか?

先日、兵庫県明石市にあるアサヒ産業株式会社の
中谷 佳弘社長とお会いしてきました。

「食品加工機械のパイオニア」をスローガンに掲げています。

 

水産加工機械・畜肉加工機械・一般食品加工機械を手掛けていますが、

アサヒ産業の強みは、

 1.刃の間隔や枚数は完全オーダーメイドの世界に一つしかない機械を製造。

 2.同業他社にはない、機械の定期メンテナンスを行なっていることです。


多くのチェーンレストランなどの食材の加工機械に多く用いられ、
経常利益は業界トップクラスの二ケタ台です。

 

中谷社長は、

「業界の感覚では機械を「組み立てる」と皆さんは言われるが、
 わが社では「合わせる」と言っています。
 
 機械はどこにでもある。
 その機械に「+α」(お客様のニーズを具現化して商品化する)
 ができないと『食品加工機械のパイオニアではないと・・・』」

と語っておられました。

 

業界初の定期メンテナンスは、若手スタッフが全国を回って
お客様の声を集めます。


中谷社長は
「僕らがつくった新商品は、お客様は必要でない場合が多い」と言います。


「アイデアはお客さんのところにしかない」


お客様の声を「+α」の独自の技術力で商品化していくので、
お客様には、なくてはならない食品加工機械メーカーになっています。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

◎売上高20億円を超えても「八百屋の原点」を忘れない 

月刊「理念と経営」12月号企業事例2 有限会社岡田商店

鳥取県境港市。

地域密着経営で、飲食店のプロも来店する愛用者(ファン)を
たくさんつくり出している食品スーパーです。

 

●昔と変わらない八百屋の風景・・・


「『この間、薦めてくれたイチゴ、あれうまかったわ~』

 『いや~よかった。そういえば果物って朝食べるのがいいっていうよ』

 『朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅といって、
  朝一番に食べるとお通じにも、体や脳の目覚めにもいいらしいわ』

 『そうなんだ?さっそくやってみるわ』

 岡田商店の店内に一歩足を踏み入れると、
 お客様と従業員が交わす楽しそうな会話が聞こえてくる。
 そこにあるのは、昔と変わらない八百屋の風景だ。」

 

●岡田商店の5つの基本姿勢
 

1.鮮度と品質
 (味とボリューム、価格の三つのトータルは
  どこにも負けないと自負しています)

2.安心
 (お客様のことを頭にイメージしながらの仕入れ)

3.フードコミュニケーション
 (上記のような会話によるお薦め商品の説明をして、
  コミュニケーションを取ります)

4.こだわり
 (プロ御用達や贈答品として通用する高級品から、
  50本498円の人参までと幅広い品揃え。地元の生産者から
  直接仕入れたものもあれば、人気のスーパーのブランド品も扱う)

5.相互利益
 (地域のイベントに積極的に参加し社会貢献。三方よしの考えで、
  安売りはしない。適正利益を確保し、自社や生産者に還元します)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


岡田商店の5つの基本姿勢の中でも、特に大事にされているのが、
お客様とのコミュニケーション、従業員さんとのコミュニケーション
といった「コミュニケーション」です。


経営者自ら「うちは昔も今も八百屋、その原点を忘れない」と言い切り、
率先して売り場に立って元気に接客をされています。


岡田商店の第一の商品は「人」と位置付けています。

 

お客様の再来店の動機や購入の動機に大きく影響を及ぼすのは
「人間関係」だと言われます。

事実、品質において「差」がなければ、やはり関係性の強い所に行きますよね。

人間関係があるから、再来店、再購入のリピーターとなって下さり、
お客様のエンゲージメント(愛着心)が高まり、
紹介や口コミをしてくださるのです。

12.1ブログ.jpgのサムネール画像


先日の日経新聞のルポで、アマゾン・エフェクトのことが連載されていました。

また、無人のコンビニやレジの自動化の波が、押し寄せていますが、
自社の「強み」を活かして、あるいはさらにその「強み」を磨き高めて、
自社ならではの「価値」を提供すれば、お客様の喜びを創り出せ、
業績は上がりますね。


皆さんの「強み」は何ですか?
 自社が提供で来る、提供しなければいけない「価値」は何ですか?

株式会社日本創造教育研究所(日創研)

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saiyo-nisouken.jp/mt4/mt-tb.cgi/1300

コメントする

このブログ記事について

このページは、日創研採用サイトが2017年12月 1日 09:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あることやあるものに「特化」することの重要性」です。

次のブログ記事は「非価格競争力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

社員研修なら日本創造教育研究所 日創研 スタッフブログ 田舞徳太郎通信ブログ Facebookページ 理念と経営 コスモ教育出版