2015年5月アーカイブ

女性が輝ける職場

人財育成ブログをご覧の皆様こんにちは
いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。
今回は東京センターの、野本敬子(のもとけいこ)が担当させて頂きます。

東京センターではスタッフのうち約半数が女性と、
多くの女性スタッフが働いています。
今や、社会でも女性の管理職の方が多く誕生するなど、
女性の進出が進んでいます。
女性がキャリアを積むには、結婚や出産など様々な壁があることも事実です。

今回は、実際に結婚・出産を経て産休から復帰された
先輩スタッフの樋口さんにインタビューをしました。
特に、子育てや家事などがある中で仕事復帰をする事について
不安や悩みがあるのではないかと思い、質問をしました。
ちなみに日創研では法律で定められた産休、育休の制度の導入と、
それぞれのスタッフに合った時短勤務といったサポート体制があります。

s_20150512_142209.jpg

~インタビュー~
Q1.出産後も仕事に復帰しようと思った理由を教えて下さい。

A.お客様の為そして後輩のモデルケースになれればと思ったからです。
入社時から、お客様を支援できる社員を育成したい!との思いがあり、
そのために働きやすい職場作りをしたいと考えていました。
産休前は人財育成や採用活動にも積極的に関わり、
社員一人ひとりがステップアップをして
スキルアップできるように、サポートしてきました。
実際、産休に入ってからは自分が復帰して働く事により、
今いるスタッフやその後に続くスタッフも
ステップアップしやしやすくなると思いましたので
自然と復帰の道を選びました。

Q2.実際に復帰されてみて、生活はどうですか?

A.思っていたよりも両立ができています。
子供も健康でいてくれているし、10時~17時の時短勤務なので
朝、家事をしてから出社できます。
また、朝は通常通り9時出社でも、17時で仕事が終わると様々なことができるので、
少し慣れてきたら9時~17時勤務でも良いかと思っています。
時短勤務だと、どうしても働く時間が限られるので、仕事の仕方も変わってきますが
より効率のよい働き方ができるよう、工夫しています。

s_新ブログ.jpg

Q3.最後に、これからのビジョンは?

A.まずは今の状態を軌道に乗せ、産休前にも取り組んでいた
人財育成や採用活動をしていきたいです。
長い目で見たときには幹部になりたいと思っています。

インタビューを通し感じた事は、サポート体制が整っている事で
女性にも様々なキャリアプランやキャリアステップがある、という事です。
インタビューの後に「仕事をしていて幸せだ」という話をしてくださいました。
私は、育児や家事がある中お仕事をする事は、
とても大変な事だと思っていましたので、とても驚きました。
また仕事ができる事が幸せ、という気持ちで仕事をする事こそが、
自分の成長や仕事の仕方に大きく影響してくると感じました。
樋口さんが産休に入られ、仕事復帰をされている姿を拝見することで、
仕事の取り組み方を振り返るきっかけとなり、新たな刺激を受けています。
また、自分のキャリアプランについて改めて考える機会を与えて頂いています。
年々、女性スタッフが増えている東京センターの中で私も後輩の手本となれるような
素敵な女性に成長できるようこれからも業務に励んで参ります。

次回は大阪センターに戻りまして、中野彩海(なかのあやみ)さんが担当します!
どうぞお楽しみに!

▼業績アップ6か月研修の動画を公開中



「中小企業の人材育成なら日本創造教育研究所」


このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

タグクラウド

カテゴリ

社員研修なら日本創造教育研究所 Facebookページ コスモ教育出版 ありがとう経営 13の徳目 理念と経営 カレンダー