PEOPLE

先輩社員紹介

研修部門川上 光 Kawakami Hikaru

創価大学 / 2017年4月1日入社
所属
東京研修センター
川上 光
川上 光

現在どんなお仕事をしていますか?

 研修お申し込み時の対応、当日のご案内と研修後のお客様へのフォローのお電話掛け、研修開催時の受付などを行っています。研修を受講されるお客様の中には、時間やお持物に対して不明なことが不安に感じられる方もいらっしゃいます。そういったお客様が安心して受講に臨めるように研修前のお電話掛けや研修時の受付では明るく誠実な対応を心掛けています。

川上 光

入社してから特に印象に残ったエピソードを聞かせてください。

 誕生日の時に代表の田舞さんからお祝いの電話をいただきました。業務をしていて突然のことだったので、とてもビックリしました。後で先輩から聞いて、誕生日の日には社員一人ひとりにお祝いの電話をしてくださることを知りました。田舞さんは仕事の状況を聞いてくださり、激励をしてくださいました。新入社員である私に対しても丁寧にお話してくださる田舞さんから、社員一人ひとりを大切に思ってくださる気持ちを感じ、感謝の気持ちが溢れてきました。

川上 光

入社してどのように成長しましたか?

 入社前は、頭で考えて行動に移すことをためらっていましたが、日創研では、若手が活躍できる場所が沢山あるので、自ら決めて積極的に行動できるようになりました。具体的には、朝礼リーダーを行ったり、研修運営のサポートなどを行うことです。朝礼リーダーは、朝礼の進行を行う役割で、傾聴力や質問する力を身に着けるトレーニングになっています。また、1000人近くご受講生が集まる大規模な講演会で講師の方をおもてなしする責任のある役割も任せて頂きました。とても緊張しましたが、成し遂げることができた達成感でいっぱいでした。

川上 光

学生時代、夢中になっていたことは何ですか?

 視野を広げるためのひとり旅です。きっかけは学生時代、ゼミで人的資源管理論というテーマを扱って勉強をしていたことです。その授業の中で、自分のパーソナリティー分析を行うことがあり、自分の成長課題に直面しました。時間がある学生時代に視野を広げて色々な体験をしたいと思うようになり、海外ボランティアや一人旅に挑戦しました。海外に行くことで、いかに自分自身が井の中の蛙だったのかということに気付きました。この経験から実際に自分で動いて体験することの大切さを学びました。

川上 光

日創研の好きなところを教えてください。

 頑張っている人をあらゆる面でサポートし応援してくれるところです。上司や先輩との面談も定期的に行われるので、今頑張っていることや、これからどのように成長したいかなどの目標も共有していくことが出来ます。どんな小さなことでも見ていただけていて、皆さんから承認してもらえることが嬉しいです。