経営知識は日々の積み重ねで身につくもの。経営の勉強を続けていますか?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


 まずは、この度の北陸地方の連日の大雪の影響により被災された皆様へ
心からのお見舞いを申し上げます。

 国道8号線の立ち往生がようやく解消されたとはいえ、
現在も物流や多くの皆様の生活に、引き続き影響が出ていると拝察しております。

 地元にお住まいの皆様の懸命な除雪作業の映像を見るにつけ、
一日も早く元の生活を取り戻して頂けるよう、心からご祈念申し上げております。


                       株式会社日本創造教研究所 代表取締役社長 松原 誠

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

●お店の名前に温もりを込めた「喜鳥家(きどりや)」


先日、兵庫県姫路市に6店舗をドミナントで出店している焼き鳥店の、
「喜鳥家(きどりや)」さんを訪問してきました。


お店の名前の最後が「家」となっていることに、皆さんお気づきでしょうか?


これは創業者である齋藤孝幸社長が、
「おいしい焼き鳥を、温かみのある家で召し上がって頂きたい」
という思いを込めて、社名を決める時に、
「喜鳥家(きどりや)」と名づけられたそうです。


全品均一価格で、おいしさとボリュームで価格の安さをも売りにしている。

皆さんもよくご存じの最大手の焼き鳥チェーンも、
ここの牙城を崩すことができない・・・。


喜鳥家(きどりや)は利益が出る仕組づくりと人財の育成を両立し、
390円均一で、二桁以上の経常利益を計上しています。


平成29年度サントリー黒烏龍茶1.5Lペットボトルが、
飲食チェーンの中で全国一の販売と認められ、
サントリーから感謝状を贈られています。


齋藤孝幸社長は、
「スタッフの皆さんは、人生をかけている人たちだから、幸せになって欲しい」
という念いから、幹部・社員さん・アルバイトさんに学ぶ場を提供しています。


アルバイトリーダーは、月刊『理念と経営』の社内勉強会に参加しています。


月刊『理念と経営』は、自費で購入してもらっているそうですが、
もちろん頑張ったら、その分は会社が後で補っています。


店長や幹部は毎月、顧問税理士を呼んで、
決算書(P/L)の勉強会を開催しておられます。


「自分たちが、年収をいくら欲しいのか?」


「その分を、どうやって利益を出していくか?」


そのためには、 売上は?変動費は?粗利益は?固定費は?経常利益は?・・・、
と経営知識を身につけ、皆さんが知恵を出しあっています。

 

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_m.jpg


そして、独自の料理・独自のサービス・独自の接客を創り出しています。 

全社員が経営の勉強することが大切ですね。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

★経営知識

 〇経営知識とは?・・・・言われてもよく分かりませんよね。
  

  社長・経営幹部・社員・パート・アルバイトさん、
  全ての人が会社経営に携わっていますが、
  意外と経営の勉強(経営知識)をしていないというのが、
  残念ながら実態ですね。


  その証が、中小企業の約3分の2が赤字経営ということです。
  
  適正利益が出せなければ、会社を永続させることは出来ません。


 それでは、ここで質問です。

 
 「成功した経営者・経営幹部は、なぜ成功したのか?」

 
 「失敗した経営者・経営幹部は、なぜ失敗したのか?」 


  あなたの答えはどうでしょう?

 

★経営知識とは・・・・?

 ○経営知識とは「原理・原則」とも言えますね。経営の原理・原則


  経営には、原理・原則があり、原理・原則から外れると
 「理」にかなわないことや「則」していないことするとをするから、
  業績低下を招いてしまいます。
  

  経営の原理・原則を学ぶ知ることがとても大切です。

  
  経営をしている、あるいは経営に参画しているのに経営の勉強していないことが、
  自分たちで問題を生み出す経営をしてしまうことになります。

  
 先ほどの質問に対する答えの一つです。


 「成功した経営者は、なぜ成功したのか?」→ それは、成功するようにしたからだ。


 「失敗した経営者は、なぜ失敗したのか?」→ それは、失敗するようにしたからだ。


 (そりゃ、そうだけど・・・)と、聞こえてきそうですね。


 そうです。
 
 原理・原則に沿っていない時に、
 品質やサービスの低下を招き、
 クレームを引き起こし、さらにその対応が遅れると、
 お客様が離れてしまう原因になるのですね。


 経営には、「変えてはいけないこと」「変えなければいけないこと」があります。
 
 
 これも経営知識ですね。

 

 業績アップ6か月研修で学んだ皆さんは、覚えていますか?

 
 「変えてはいけないこと」を人件費やコストを使って、変えてしまう。

 「変えなければいけないこと」を人件費やコストを使って、変えない。

 「変えなければいけないもの」プロダクトイノベーション(商品・技術・サービスの変革)


 企業経営は、悪くなるのは早いです。

 あっという間に業績は悪くなってしまいますね。


 
「経営知識は日々の積み重ねで身につくもの。経営の勉強を続けていますか?」

 

株式会社日本創造教育研究所(日創研)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.saiyo-nisouken.jp/mt4/mt-tb.cgi/1308

コメントする

このブログ記事について

このページは、日創研採用サイトが2018年2月13日 10:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「商品力が業績を決める! あなたの会社の商品とは?」です。

次のブログ記事は「お客様が喜ばれることに、コストをきちんと使っていますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

社員研修なら日本創造教育研究所 日創研 スタッフブログ 田舞徳太郎通信ブログ Facebookページ 理念と経営 コスモ教育出版