商品力が業績を決める! あなたの会社の商品とは?

日本創造教育研究所グループの2018年度の社長方針は、

「~イノベーション(革新・進化)で会員企業の『成功企業』づくり~」です。

 

会員企業様が、地域のお客様に無くてはならない成功企業へと発展して頂くため、
人財育成のお手伝いを通じて貢献する所存です。


その一環として、「新人・若手社員さん」向けと「社員・中堅社員さん」向けの
eラーニングで「オンライン社内OJT(仮称)」と題した、
ネット上で学べるプログラムを提供してまいります。

(すべての準備が整いましたら、正式にご案内します。)

 

先日、そのプログラムの収録を行いました。


テーマは、


●「組織人としての基本的考え方」


●「仕事の基本と心構え」


●「ビジネスマナー」など、


若手社員さんや中堅社員さんのOJT(現場教育)になるようにしています。


実は意外と基本が理解されておらず、それが成長を妨げている場合が多いです。


やはり、基本や考え方が大切ですね。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

商品力が業績を決める! あなたの会社の商品とは・・・・?

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


最高レベルのサービスで定評のある和倉温泉の旅館「加賀屋」

 

月刊『理念と経営』2月号 特集「なぜここにまたきたくなるのか」

 株式会社加賀屋相談役 小田 禎彦(さだひこ) 様

 

われわれが「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で
三六年連続トップを走り続けてきた理由は、施設、料理、企画も大事ですが、
なんといってもおもてなし力、つまり、人の魅力にあると思います。

客室係がおもてなし力、サービス力を発揮し、国内はもとより、
台湾を中心とする海外の方々もリピーターになってくださいました。

 

おもてなしとは、対価を求めず、相手の喜びを自分の喜びとすることです。


 加賀屋では、サービスを「プロとして訓練された社員が給料をいただいて、
 お客様のために正確にお役に立って、お客様から感激と満足感を引き出すこと」


と定義しています。

 

そして、サービスの本質は二つに集約されます。

正確性とホスピタリティ、この二つをしっかり捉えることが大切です。

 

例えば受験生に泊まっていただいた場合、もしモーニングコールを忘れたら
取り返しのつかないことになってしまう。

何事も間違いなく正確にやることが重要です。

 

しかし、正確であっても、つっけんどんでは駄目で、
相手を思いやる優しい心が大切です。

この二つ相まって、いいサービスになる。

 

c0b4f61b2f699fc67fd034fb8766addd_m.jpg

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

●製品の品質がいいのは当たり前・・・飲食店で料理がおいしくなければ論外!


 「三六年連続トップを走り続けてきた理由は、施設、料理、企画も大事ですが、
  なんといってもおもてなし力、つまり、人の魅力です。」

 
 皆さんの会社にも、ロイヤルカスタマー(上得意客)と呼ばれるリピーターが
 いらっしゃると思います。

 
 「なぜ、また来て下さるのか?」 
  社員さん全員が、ちゃんと答えられますか? 

 

★業績を上げるために


 『ある卓越した価値に絞り込む』
 

  ・顧客は同一の供給先から、
   あらゆる次元で卓越した価値を求めるのは無理と自覚をしている。
 

 『他の価値の次元でも普通の水準は保つべし』
  
  ・卓越した価値があっても他の商品の価値が悪いとダメ

 

「皆さんの会社の卓越した価値は何ですか?」

 

株式会社日本創造教育研究所(日創研)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saiyo-nisouken.jp/mt4/mt-tb.cgi/1307

コメントする

このブログ記事について

このページは、日創研採用サイトが2018年2月 5日 10:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現場では、「価格」と「価値」のどちらを販売していますか?」です。

次のブログ記事は「経営知識は日々の積み重ねで身につくもの。経営の勉強を続けていますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

社員研修なら日本創造教育研究所 日創研 スタッフブログ 田舞徳太郎通信ブログ Facebookページ 理念と経営 コスモ教育出版