お客様の声を聞くところに業績はある

今年最後の業績アップ戦略セミナーを、名古屋センターで開催中です。

名古屋センターと福岡会場をサテライトで結んで、計二か所での開催です。 

業績アップブログ11.10.pngのサムネール画像

 

「業績」とは何か?から始まり
「経営者・経営幹部がやるべき仕事をしていないから業績が上がらない」
とのテーマで、やるべき仕事の一つ『現状分析』を行ないました。

 

決算書の数字を拾い、電卓をたたいてもらいました。

社員さん一人当たりがいくら稼いでいるかを
年間・月間・一日当たりの金額を出しました。

皆さん、「へぇ!こんなの!わが社の実態は」愕然とされていました。

 

社員さん一人当たりの数字が上がらないと、業績は上がりません。


「現状分析」を怠ると、業績は低下します。


常に、数字に基づく分析は大切です。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

●お客様の声を聞くところに業績はある。


日創研の田舞塾と社長塾でご講演頂いた、十勝バスの野村文吾社長。

北海道帯広市を中心に路線バスを運営しています。


マイカーの普及や人口の減少で、69年から毎年減少して、
2000年代には、最高の時から比べ2割以下に落ちたそうです。


しかし、2011年に約40年ぶりに利用客数が増えました。

つまり、路線バスの運送収入をアップさせたのです。

地方の路線バス会社としては信じられないことでした。

 

「どうしてバスに乗っていただけないのですか?」と、
野村社長は地元の人に尋ねて回りました。


ほとんどの人が「行きたい方向への路線がない」と答えたのです。

さらに、

「行きたい方向に向かうバスが、一年に一回ぐらいなら、
 あるんじゃないですか?」 と聞くと、

考え込んでから、

「よく考えたら、バスがどこに向かっているか知らないんだ。
 前と後ろ、どちらから乗ればいいかもしらないし、料金も分からない。
 だから、ちょっと怖いんだよな」


野村社長は、気絶するほど驚きました。

「そんなことすら知らなかったのか!」

「あるいはしばらく乗らない間に忘れてしまったのか・・・」 


お客様がバスに乗らないのは「不便」だからではなく「不安」だからでした。

 


そこで、野村社長は、お客様の「不安」の解消に動き出しました。


・バスの乗り方のパンフレットを作製して地元で配布しました。

・バスの乗り方を説明するCMをケーブルテレビで流しました。


訪問を重ねると要望が聞こえてきました。

「病院に行くのにバスを使いたい」

「スーパーにバスで行きたい」


主な施設や病院やスーパーには、既にバスが行くように路線が組まれています。

しかし、どの停留所の近くにどんな施設があるかが、
地域の方々には分かりにくかったのです。


・「目的別時刻表」の作成
 (どの路線を使えば、どんな施設に行けるか解説してある時刻表)


この活動をした路線は利用者が約2割増えました。

 

野村社長は、言われます。

「バス会社を経営していると、
ともするとバスを運行させることが「目的」になってしまう。

お客様にとってバスは「手段」に過ぎません。


自分たちの都合や常識を脇に置き、
お客様にとっての「良き手段」に徹することが、極めて重要です。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


「非顧客」

本来なら購入や来店してもおかしくないお客様が、
何故、わが社の商品を使って頂けないのか、そこには、必ず理由があります。

その理由を取り除くことによって、客数や取引先が増えるのですね。
近くにはまだまだたくさんの、未来のお客様がいらっしゃると言えるでしょう。

お客様が何を買っているのか、その買っている「価値」に気づき、
「価値」を高める経営が業績アップにつながるのです。

「非顧客」の声を聞く、お客様の買っている「価値」を高める経営をされていますか?

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

株式会社日本創造教育研究所(日創研)

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saiyo-nisouken.jp/mt4/mt-tb.cgi/1297

コメントする

このブログ記事について

このページは、日創研採用サイトが2017年11月10日 10:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「業績アップのヒントは、現場に落ちています」です。

次のブログ記事は「目標達成のために見るべき指標」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

社員研修なら日本創造教育研究所 日創研 スタッフブログ 田舞徳太郎通信ブログ Facebookページ 理念と経営 コスモ教育出版